トップページへ
●HOME
●医院紹介
●診療方針
●訪問診療
・受診するには?
●院内診療
・ヒアルロン酸注入
・歯みがきアドバイス
・お口のおそうじ
●治療
・セレック
・床矯正
・クリアアライナー
・インプラント
・顕微鏡治療
●ホワイトニング
●お問い合わせ
●資料請求

●スタッフ募集
 
インプラント治療

大島歯科医院は、いきなりインプラント治療に入ることはありません。
まずはしっかりインプラント治療の方法を説明し、皆さまが十分納得されてから治療に入ります。
また、画像診断にも力を入れています。
分からない事はどんどんご質問ください。そして安心しておまかせください。

インプラント治療についての動画紹介
大島歯科医院のインプラント治療についての動画紹介
動画(音声あり:1分20秒)はこちらをクリック
 
CT(断層撮影)についての動画紹介
大島歯科医院では、画像による診断が極めて重要と考え、CT(断層撮影)を導入しました。
これは従来の平面図のようなX線写真ではなく、3次元の立体的な画像で診断ができるため、治療の正確性や安全性が格段に向上しました。
CT(断層撮影)
動画(音声なし:1分37秒)はこちらをクリック
 
インプラント10年保障

大島歯科医院は、ガイドデントアソシエイツ認定医として、インプラント10年保障をご提供しています。
これにより、皆さまのへのインプラント保障が、従来より手厚くなります。
保証書を発行し、皆さまに過失がある事故でも一部を除いて無償で再治療をおこない、また、転居などがあった場合でも他の認定医をご紹介するシステムを兼ね備えています。

インプラント10年保証書
インプラント
10年保証書
ガイドデントアソシエイツ認定医
ガイドデントアソシエイツ認定医
 
インプラントのメリット その1
例 1
従来の治療法
従来の入れ歯
単独植立
単独植立
歯が1本抜けている場合、従来の治療法では両側の歯を削りブリッジという方法が取られていました。しかし、インプラントなら抜けた部分のみにインプラントを行うことができるので、他の歯を削る必要がありません。
 
例 2
従来の治療法
従来の入れ歯
インプラント
インプラント
たくさんの歯が抜けている場合、従来のブリッジなら残っている歯だけで、かむ力を支えなければなりません。このかむ力はとても大きなものです。インプラントにすると、本来の歯数のバランスが取れますので、咬合圧(かむ力)による負担が少なくなります。
 
例 3
従来の治療法
従来の有床によりる入れ歯
インプラント
インプラント
奥歯が抜けている場合、従来の方法では、取りはずしする入れ歯でしたが、インプラントにすると、取りはずさないですむブリッジが入れられますから、しっかりと固定され、安心して食事ができます。
 
インプラントのメリット その2
取り外し式の入れ歯に代わって、固定式の入れ歯を入れることができます。
取り外し式の入れ歯の場合でも、インプラント上にしっかりと固定されますので、通常の入れ歯の様なズレや食べ物のかけらが入った時の痛みがなくなります。
インプラントによる入れ歯なら、天然の歯とほとんど同じ感覚で噛めます。
自然な外観や表情を取り戻すことができ、人前で話すこともまったく平気です。
噛む機能が回復することで食べ物の制限がなくなり、バランスの良い食事が楽しめます。楽しい食事は体を健康に保つだけでなく、心までも健康にします。

まずは疑問、不安を取り除く事からはじめましょう。
< お問い合わせページはこちら >
 
さまざまな治療方法
インプラントの治療方法と一口に言っても、さまざまな方法があります。
当医院ではお客様それぞれに合った最善の治療法をご提案しています。

今回、ホームページではその中でも2つの治療方法、「オステオプッシング法」と「大口式インプラント治療法」を簡単にご紹介します。
いづれの方法も、従来の治療方法よりも患者様の肉体的精神的苦痛をやわらげる方法として、大変喜ばれています。
 
オステオプッシング法

オステオプッシング法上あごにインプラントを埋め込む場合、上あごの骨には下あごの骨よりも大きな空洞があり、インプラントを埋め込むための厚みや骨の密度が足りない場合があります。

その場合は、シュナイダー膜(上顎洞と歯槽骨の間にある粘膜)を剥離し、できたスペースに骨のもとになる移植骨や骨補填材を入れ、インプラントの埋め込みに必要な厚さを作る術式を用います。

この時、従来のオステオトーム法では、専用の器具を金づちのようなもので槌打するため、かなりの衝撃を患者様に与えていました。

そこで当医院では、少しでも皆様の負担を軽減するために、最新の「オステオプッシング法」を採用しています。
オステオプッシャー修了書
オステオプッシャー
修了書
 
オステオプッシング法   オステオトーム法  
  オステオプッシング法 専用の器具を回転させ、回転の力を推進力に変えて骨を押していく方法です。
従来の右図オステオトーム法のような槌打による衝撃、不快感が軽減されます。また、骨のすぐ上にあるシュナイダー膜を傷つけるリスクも軽減されます。
    オステオトーム法 専用の器具を金槌のようなもので押していく方法です。
患者様にかなりの衝撃を与えてしまいます。
 
↑ 上へ 
 
OAM(大口式)インプラント治療法(OAM:Ohguchi Argmentation Method)
大口式インプラント治療法とは?
簡単に言うと、ドリルで骨を削らないインプラント(人口歯根)です。
従来の方法とは異なり、ドリルを一切使用しないので、ほとんど出血もありません。
安全・安心・体にやさしい治療法として注目されています。
 
大口式インプラント治療法
  大口式インプラント治療法 歯ぐきの極細の穴から特殊な装置を使い、穴を少しずつ広げて、人口歯根を1回で入れます。骨も丈夫にし、手術時間はわずか15分、短期間で完成です。
従来のインプラント
  従来のインプラント 歯肉内部をメスで切り、骨を大きく露出させ、ドリルで骨を削って人口歯根を入れます。やせた歯ぐきには施術困難。手術回数が増え、長期間必要です。
 
大口式インプラント法認定書 大島歯科医院は認定医として多くの治療に携わっています。
痛みや腫れ、出血の少ないこの治療方法は、多くの患者様にも喜ばれています。
今後も、さまざまな治療方法の中から、その患者様に一番適した方法を提供してまいります。
国際審美学会発行
認定書
 
その他の機器
BRソニック皆さまの負担軽減の為に、骨の形成を促進させることによって治療期間が短縮できる、BRソニックを導入しました。
これは音圧刺激が骨の形成を促し、治癒を促進する医療器械で、治療期間が約40%短縮出来ます。
 
    ↑ 上へ