トップページへ
●HOME
●医院紹介
●診療方針
●訪問診療
・受診するには?
●院内診療
・ヒアルロン酸注入
・歯みがきアドバイス
・お口のおそうじ
●治療
・セレック
・床矯正
・クリアアライナー
・インプラント
・顕微鏡治療
●ホワイトニング
●お問い合わせ
●資料請求

●スタッフ募集
 
 
歯ブラシを選ぼう
  大きさ 前歯2~3本分の小さめのものがよいでしょう。
  毛の硬さ 通常は「ふつう」と書かれているものでよいでしょう。
歯肉が腫れて痛くて歯ブラシが当てられない様な時は「やわらかめ」でよいでしょう。
  持ちやすいもの、握りやすいものを探してみてくださいね。
ただし、赤い柄だと出血に気づかない事があるので避けたほうがようでしょう。
 

歯を磨いてみよう

  歯と歯肉の境目を磨こう
    イラスト歯の表面は舌や頬、食べ物などで擦れて、多少の汚れは落ちています。
汚れの落ちにくい歯と歯肉の境目は、歯ブラシを少し歯肉側に傾けて磨くとよいでしょう。
力を入れすぎて磨くと、歯肉を傷つけてしまうので、優しい力でブラシを小さく細かく動かしましょう。
  磨きにくい所はタテ磨き
    前歯の裏側や歯が重なり合って磨きにくい所は、歯ブラシをタテにして、1本ずつ磨きましょう。
 

歯ブラシの寿命、保管管理方法

  歯ブラシの寿命
    毛先が広がったり曲がりはじめたら、交換の目安になります。
毛先が大きく広がった歯ブラシは、清掃効果が落ちると共に、歯肉や頬を傷つけてしまいます。
  歯ブラシの保管管理方法
    歯磨き後は、水で洗いながら毛の間に入り込んだ汚れを取り除き、水気を切って、乾燥させておきます。