トップページへ
●HOME
●医院紹介
●診療方針
●訪問診療
・受診するには?
●院内診療
・ヒアルロン酸注入
・歯みがきアドバイス
・お口のおそうじ
●治療
・セレック
・床矯正
・クリアアライナー
・インプラント
・顕微鏡治療
●ホワイトニング
●お問い合わせ
●資料請求

●スタッフ募集
 
 
歯ブラシだけでは落とせない汚れは、歯磨き補助用品を使うと磨き残しを取り除くことができます。
 
歯の間の汚れ
歯ブラシの毛先だけでは歯と歯の間の狭い場所の汚れは落とせません。
デンタルフロスや糸ようじのような糸状のものを歯の間にゆっくり入れて、歯間に沿わせながら汚れをかき出すように動かします。
無理な力を込めて歯の間に入れると、歯肉を傷つけてしまうので注意しましょう。

歯と歯の間が開いてスキ間がある場合は、歯間ブラシを使うとよいでしょう。
つまようじで歯の間につまった物を取り除くように、歯間ブラシの毛先をゆっくりと歯の間に挿入して、歯に沿わせて細かく動かします。

使用後は、歯ブラシと同様に水で洗って乾燥させます。
 
舌の汚れ
舌の表面はじゅうたんのようになっており、小さな突起がたくさんあります。
その突起の間にも汚れや細菌が入り込んでしまいます。

歯ブラシや舌専用のブラシで、奥から手前へと汚れをかき出してください。
 
義歯の汚れ
義歯を入れている方は、食後に義歯をはずしてよく磨き、汚れをためないようにしましょう。

歯肉に接しているピンク色の内側は、歯ブラシや義歯専用ブラシで強くこすり磨くと傷がつき、吸着が悪くなって義歯がはずれやすくなる原因の1つにもなりますので、力を入れずに優しく磨きます。
歯の間も汚れがたまりやすいので、歯磨きと同様に歯と歯肉の境目を磨きます。
義歯に金属のバネがついている場合は、バネの内側も忘れずに磨いてください。

歯ブラシや義歯専用ブラシで大きな汚れを取り除いたら、水洗いしてコップ等に入れ、義歯洗浄剤を使うと目に見えない小さな汚れが取り除けます。